Profile

眠りからさめても願い望むのは、音でした。

音楽を好きになってよかった。

今までもこれからもその先もずっと。
2020.6.6. NeneNone

NeneNone (ねねのね)

2016年8月より「そのうちやる音」(そのうちやるね)としてライブ活動を開始。
2016年10月にタワーレコードで限定リリースされたコンピレーションCD収録の「やる音さん、就寝刑です」が早耳の音楽好きの間で話題となる。
唯一無二なメロディとポップで普遍的な価値観を醸し出す楽曲、そのうちやる音の気怠い空気感と歌声によって独特の世界を作り出し、都内のライブハウスシーンで好評を得る。


2017年3月、自主レーベルより1stミニアルバム「逆に、しろすぎる」、同年9月に2ndミニアルバム「もはや、謎すぎる」を店舗限定で発売し、現在もロングセールスを記録中。


2018年10月よりレーベルをSPACE SHOWER MUSICに移し、2019年5月までに配信シングル5曲をリリース。音楽サブスクリプションサービス「Spotify」のプレイリストに1年以上リストインするなど、再生回数が飛躍的に伸びる。


2018年11月より自主企画のライブイベントや単独公演を定期的に開催するなど、都内を中心に精力的な音楽活動を行っている。
また、都内近郊しかライブ実績がないのにも関わらず、リスナーリクエストにより大阪や新潟のFM局で曲がオンエアされ、J-WAVE『TOKIO HOT100』で、注目の新人として紹介されるなど俄然、注目を集め始める。


2019年9月4日、待望の1stフルアルバム「色々、ありすぎる」をSPACE SHOWER MUSICよりリリース。リード曲「血痕願望」のMVが公開後、1週間で10万回以上再生され、地元北海道のFM曲でチャートインするなど、今後の活動がますます注目されているシンガーの一人となっている。


2020年5月22日、アーティスト名を「NeneNone」(ねねのね)に改名。